FIELD NOTEFIELD NOTE

2012/08 Mountain Goat for TV program

Mountain Goat

12年8月 マウンテンゴート テレビ取材

7月の中旬から3週間、テレビ番組のロケの手伝いをさせていただいた。NHK BSの、ワイルドライフという番組制作のためのロケで、マウンテンゴート(シロイワヤギ)が主役だ。14年前に出産期の6月と、交尾期の11月の映像を収録していたので、今回は真夏の高山帯をバックグラウンドに子どもの成長を狙うというもの。前回からロケのガイドを担当したので、個人的には今回のロケはその続編という感じだった。

今回の撮影機材の目玉はハイスピードカメラ。通常のビデオが一秒間に60コマを撮影するのに対し、ハイスピードカメラは約4倍の250コマ。再生すると極めて鮮明なスローモーション映像が得られる。これで崖を走るゴートの動きを撮るのだ。しかし付属機器が多くセッティングに時間がかかる。機動力がない。だから、ここぞという場所に張り込んでチャンスを待った。われわれの期待に反して気まぐれなゴートには何度も裏切られたが、一度は子どものゴートが希望どおりに崖を下り、おまけに雪上でジャンプするというシーンを撮影することができた。

僕としては、3週間ゴートを目の前に撮影できないのは欲求不満な一面もあったが、自分の写真のコレクションで欠けているものを見つけるいい機会でもあった。


撮影現場

NHK BS Premium
福田カメラマン:ゴートはまだ見つかりませんか?
磯貝ディレクター:「秘境の幻」と言われる動物ですから、そう簡単には出ませんよ。
福田:おかしいな、何か気配を感じるんですが・・・。


宿泊場所

Rainbow
磯貝ディレクター:倒れないのが不思議なくらい、傾いたモーテルですね。初日からトイレは詰まるし、ドアは鍵かかったみたいに硬いし、シャワーはちょろちょろだし、アメリカの田舎もなかなかあなどれませんよ。
福田カメラマン:部屋ごと傾いてて、リンゴを置くと転がっちゃうんですよ。
ニュートン:当然じゃ。リンゴは引力には逆らえん。わしが発見した真理じゃ。
コロンブス:フン。発想の転換が足りんな。齧ればリンゴは転がらん。
ライオン歯磨き:リンゴを齧ると、歯茎から血が出ませんか?
ダーウィン:わ、わ、わしにも何かしゃべらせろ!
磯貝:ダーウィンさん、すみませんが今回は番組が違うんで、出番なしです。


NHK BSプレミアム ワイルドライフ 9月3日 20:00~20:59。

北米 ロッキー山脈  純白のヤギ 氷河の断崖を駆ける

http://www.nhk.or.jp/wildlife/program/p105.html

Rocky Mountains, North America——Pure White Goats that Rules the Steep Cliffs

http://www.nhk.or.jp/wildlife/program/p105_e.html

見てね。